本文へスキップ

◆ブロックされているコンテンツを許可してください!

TEL. 03-3617-5811

〒131-0043 東京都墨田区立花5丁目16番2号

設置前の法令確認DESCRIPTION based on LAW

労働基準監督署への提出義務:
作業場内において第1種、第2種有機溶剤を使用する作業を行う場合は有機溶剤中毒予防法(第5条)により「局所排気装置または、プッシュプル型換気装置を設置しなければならない」ことになっています。また労働安全衛生法第10章第88条により「当該事業所の業種及び規模が政令で定めるものに該当する場合、当該に係わる建設物若しくは、機械等を設置、移転、主要構造部分を変更使用とする場合その計画を当該工事開始日の30日前までに厚生労働省令で定めるところにより、労働基準監督署長に届け出なければならない」ことになっています。
労働基準監督署(労働安全法 第10章 第88条)
1)有機溶剤設備等設置届:様式第5号
2)機械等設置・移転・変更届/様式第20号
3)局所排気装置摘要書/様式第25号                 
必要添付書類:1)の添付図面・装置図面・仕様書・局所排気装置計算書・排気ダクト図・ダクト系統図・排気ファン図面及び性能表等 
その他の書類:作業場図面、建物配置図面、近隣四隅との関係図面、工場案内図  
※提出する書類につきましては指定届出書以外は管轄地域により上記とは異なる場合があります。
各地区管轄消防署への届出:
発火性のある危険物(塗料等)を取り扱う事業所や保管所等では以下の届出を管轄の消防署長に提出する必要があります。
危険物取扱量・貯蔵量届出、危険物貯蔵、少量危険物の取扱届出
1)設置許可申請書(様式第2号(第四条関係)
2)構造設備明細書(様式第四号のロ/第四条、第五条関係)
3)屋内貯蔵所構造設備明細書(様式第号のロ/第四条、第5条関係)
4)屋外タンク貯蔵所構造設備明細書(様式第四号のハ/第四、五条関係)    ※提出する書類については状況により管轄する消防署に相談して下さい
各都道府県への届け出:
各都道府県への届け出:揮発性有機化合物(Volatile Organic Compound)とは、大気中に放出され飛散したときに気体有機化合物である(浮遊粒子状物質及びオキシダントの生成の原因とならない物質として政令で定められる物質を除く)ものを言う。
塗装施設(吹き付け塗装を行うものに限る)においては排風機の排風能力1時間あたり100,000立方メートル以上のものは以下の届出をを各都道府県知事に届け出る必要があります(揮発性有機化合物使用に関する届出)。
1)揮発性有機化合物排出施設(使用・変更)届出書/様式第2の2
2)揮発性有機化合物排出施設構造及び使用の方法/別紙1
3)揮発性有機化合物の処理方法/別紙2                 
以上届出の対象として該当する場合には所在地の各都道府県庁及び労働基準監 督署へお問い合わせ下さい。                       
             

バナースペース

株式会社中村鉄工所

〒131-0043
東京都墨田区立花5丁目16番2号

TEL 03-3617-5811
FAX 03-3619-3721